« 2020年5月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年1月の1件の記事

2021-01-20

ピンクのペータース

 子どもの頃にさらったコンチェルトを弾いていく

 昨年2020年の発表会は、「スペイン交響曲1楽章」を演奏しました。
 (夫が金土日勤務になったため、自分で録画セッティングしたのですが、ピンボケボケの大失敗でした!)

 今年2021年は、ブルッフの協奏曲第1番をレッスンしてもらいます。
 子どものときは、言われた曲をただ練習しただけでしたが、今はワクワクしています。

 1972年(高校1年)に買ったペータース
Bruch_peters

 ブルッフ(1838-1920)って、意外と最近の人なんですね。
 著作権が切れてない出版で、緑色ではなくピンク色だったのかな?
 ピンクのペータースってレアですよね。

 高校1年のワタクシ(ミニスカはともかく、ハート柄のソックスは恥ずかしい)
 転勤する担任の送別会で「何か弾け」ということで、ブルッフ冒頭だけ弾いたはず。
 (無伴奏で知ってる唯一だったから。さらってる曲しか弾けないし!)
Pict0153s

 長女が中学生になり、水曜日の夕飯を作ってくれることになった21世紀!
 2001年に都民響に復帰して最初の演奏会で、堀正文さんのソロでTUTTI弾いた思い出の曲でもあります。TUTTIのカッコいい場所を弾けて楽しかった!

 オイレンブルクのスコア
Bruch_eulenburg_20210120174701

 20年前に買ったのだろうか。価格は奇しくも50年前のペータースと近い。
Bruch_kakaku

 堀さんにサインもらったよ!
Bruch_sign

 高1当時は、このあたりを何回も練習した記憶があります。
 11連+6連+32分が、いやらしかったのかな。
Bruch1mov1

 今回弾いてみたら、その先にこそ難所が!
Bruch1mov2

 96小節目の高音は難しい~!
 それと、高くはないけど99小節目の前半のアルペジオ。7度に4度って。
 ここらの記憶は無いので、諦めて誤魔化したのかもしれません。
 そして、発表会では先の楽章を弾いた、と推理します。えへへ。

 オトナなので、誤魔化さないで練習しようと思います!
 練習の友(別名:さらったつもりの素)を作りました。


| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2021年10月 »