« 完全燃焼 | トップページ | 「人は海辺で進化した」エレイン・モーガン »

2016-04-07

ジャジャジャジャーンはピピピピーだった!

 ららら♪クラシック 2016/04/02(土)の録画を見て、衝撃を受けています。
 先週の土曜日「らららクエスチョン」スペシャル!の回です。

----------------------------------------------------------
Q:
 ベートーベン「運命」の冒頭の音は
 「運命が扉を叩く音」
と聞きましたが、本当ですか?

A:
 実は「運命」というタイトルはベートーベンが付けたものではなく、ベートーベンが冒頭の4つの音について『このように運命は扉をたたく』と発言した、というエピソードが由来です。
 しかし、このエピソードを広めたシンドラーという人物は、後の研究で誇張やねつ造が多いことがわかり、エピソードの信憑性も疑われています。
----------------------------------------------------------


 そうそう。それは知ってた。
 でも、私の知ってたのは、ここまででした。
 次が驚き。


----------------------------------------------------------
A続き:
 ベートーベンの弟子でありピアノの練習曲を数多く残した作曲家ツェルニーは、ベートーベンから「あの冒頭の音はキアオジという鳥の鳴き声だ」と聞いた、と証言していました。
 確かにキアオジの鳴き声を聞いてみると、ピピピピピーと最後の音だけが伸びるようすは、まるで「第5番」の冒頭のよう。
----------------------------------------------------------

 キアオジの声

 ええっ!鳥なの?!
 でも似てる。最後の伸びるピーで、音が下がるところも。
 ツェルニーって、ウソorホラor話を盛る人、には思えない作風だし。

 キアオジの声、弦合奏っぽいと思いました。
 ピーの前のピピピが多いけど、2nd-Va-1stと次々に弾くからピピピは増えるし、鳥って群れるし。
 1楽章の最後なんか、鳥だらけ!だったのかあ~


----------------------------------------------------------
A続き:
 また、「運命」の冒頭は、弦楽器の他にクラリネットも演奏されています。
 木管楽器は鳥の鳴き声をあらわすケースが多く、第5番と同じ時期に書かれた「田園」でも、三羽の鳥が木管楽器で描写されています。
 この頃ベートーベンは、鳥の鳴き声を音楽表現に多用していました。
----------------------------------------------------------

 クラ重ねの謎、解けちゃうし。
 鳥ですよ、のメッセージだったのかあ。

 「ベートーヴェンの自筆譜には、フルートを書いて消した跡がある!」
 とも、番組では紹介してました。

 wikiに、その自筆譜が。

 うわ~ほんとだ~
 フルートは、もろ鳥じゃん、クラだと微妙だけど。
 でもフルート入れたら、キアオジの声じゃなくなると思う。
 ショックだったけど、もろもろ腑に落ちましたです。

|

« 完全燃焼 | トップページ | 「人は海辺で進化した」エレイン・モーガン »

コメント

確かに! この鳴き声はそうみたいだ!

それにしても ららら♪クラシックのバックナンバーが多いこと吃驚!

バックナンバーの中に面白い話があったら教えて欲しい・・・

投稿: 酔法師 | 2016-04-12 19:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 完全燃焼 | トップページ | 「人は海辺で進化した」エレイン・モーガン »