2018-04-27

4/30(月祝)「ムジカプロムナード釜石公演」に出演します

「ムジカプロムナード釜石公演」
 入場無料!
 2018年4月30日(月祝)
 場所:釜石市民ホール TETTO
 曲目:
  ボロディン:歌劇「イーゴリ公」より ダッタン人の踊り
  ラヴェル:ピアノ協奏曲
  秋庭潤:想送歌
  ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」

28795519_1611449482273933_411796518

 ぴかぴかの釜石市民ホール TETTO
 親しみ易い曲ばかりのプログラム
 そして入場無料!
 是非是非オススメします!!


 岩手沿岸には、アマオケが無いのです。

 弦楽合奏団は、あります!
 私は「宮古弦楽合奏団」に入っています。
 夏は東京からも沢山来て、盛大な演奏会になります。

 弦楽合奏、とても楽しいです!
 が、若い頃から長年、アマオケで弾いて来たので。
 オケで弾きたい気持ちは、奥底にずっと有って。

 ここ山田町で、

 「鯨大オケ(仮)」
 (げいだいオケかっこかり・現在ひとりぼっち)

にて、無理やりオケの曲を弾いていく覚悟でした。

 「ムジカプロムナード釜石公演」
を知ったのは、つい先月のことだったのです。
 「新世界より」
 弾きたくて、涙が出てしまいました。
 (3年前、ドボ8弾いたのが、最後でした。)

 ムジカ・プロムナードは、15年前に出来た、若い人たちのオケでした。
 私の子どもたちの世代のメンバーがほとんどで。

 映画「オケ老人」に、エキストラ出演したそうです。
 (こちとらモノホンのオケ老人だもんで、辛くて見られない気がして、私これ見てないです・・・。)

 主催者で指揮者の瓦田尚(かわらだ ひさし)さんが釜石出身の縁で、釜石公演されるとのこと。
 (復興釜石新聞で4/21に紹介されました↓)

Dbjs8o1v4aaglbc

 このギョーカイ狭い、という経験は多々あるのですが、世代が違うせいなのか、人脈が無くて。
 全く知りませんでした。
 「はじめまして」でメールした訳ですが、大歓迎されて、うれしかったです。
 東京の家の庭の「夏みかん収穫」に行く時期に、東京の練習に参加させて頂くことが出来ました。

 そして岩手に帰って、ひとりで練習・・・
 ではなく!
 私の宮古の師匠:梅村バイオリン教室の小松智佳子先生が、レッスンして下さいました!
 本当に有難かったです。

 東京で練習出来なかった、委嘱作品「想送歌」も、デュエットして下さいました。
 なんて美しい!
 この曲に出会って、弾ける幸せ。
 (もちろん、ダッタン人も、ラヴェルPConも、新世界も、アンコール予定のアレとアレも)

 では本番、頑張ります!

| | コメント (0)

2016-06-16

盛岡で「ズートピア」見ました

Dsc_0203

Dsc_0204

 フォーラム盛岡の駐車場にて(久しぶりの映画館!)
 「殿、利息でござる」3回泣きました。
 東北のすご~い人の話です。見るべし!

 ではありますが、「ズートピア」の前に見て、本当によかった。
 という訳で、ズートピアの話です。(看板写真と違います。)

 ズートピア、ディズニーの最高傑作!と思ってしまった。
 吹き替え版しかやってなかったけど、映像に集中できて良かったです。
 伏線・コネタ満載の、大どんでん返しの、深いテーマの、ディズニーでなければ作れなかったというか、まさにディズニーの集大成!

 「偏見」て熟語になると少し重いけど、「見」方に「偏」りが出ちゃうってこと。
 偏り Bias バイアス であります。
 「偏見」は「無くせ!」って言いたくなるけど、「バイアス」は「在るよね~」。

 「差別」と「偏見」は違う。
 「差別」は「行動」で、「偏見」は「認識」。
 偏見は無くせない。基準点が作れないし。それでよし。
 差別は無くせるはずだから。

 という面倒なテーマが全面的に前面に出ていながら、いわゆるバディムービーってやつで、ジャンルは警察が舞台だから「ミステリー」の、明るく楽しい大娯楽映画なんだ。

 しかも、
  問題を解決するには、やることが沢山ある。
  レリゴーなんて言ってて、解決できる訳ない!
と、ヒロイン・ジュディが相棒ニックに叫ぶんだ。
 (記憶違いかも。また見るし。ブルーレイ出たら買うし!)

 ディズニー懐深いよ。
 Wii のゲーム「エピックミッキー」でも思ったけど。
 ダークな「イッツアスモールワールド」が怖いんだ。
 (ボリュームが凄くてやりきってないな~)
 とまあ、大興奮でした。
 が、何せ「哺乳類が人間的に進化してズートピアを作る」ファンタジーですから。
 「人は海辺で進化した」を読む前に見て良かった、かもしれない。
 この本を読んだ興奮の方が勝る。
 エレイン・モーガンの本の話は、また今度。

 ズートピア予告編 アメリカ版

 ズートピア予告編 日本版
 2016/04/23(土)公開だけど、まだ見れるよね!?

 エピックミッキーのバグ
 息子に再現してもらってアップしました

| | コメント (0)

2016-06-14

「人は海辺で進化した」エレイン・モーガン

 人は海辺で進化した
 「アクア説」または「水生類人猿説」初めて知りました。

ヒトの初期進化はサバンナよりも海辺で起きたに違いない
パーキンソン発病で考えた「二足歩行の起源」 - 大谷剛|WEBRONZA - 朝日新聞社

 ↑この記事に紹介されていた本、
 エレイン・モーガン「人は海辺で進化した」
 一気に読みました。厚くない本です。
 The Aquatic Ape – November, 1982 by Elaine Morgan
の翻訳なので、30年以上も前に書かれた本だったのです。

 それどころか、著者のネタ本は、もっと古い。
 私も中学生のときに読んだ、あのベストセラーの赤い本だった!
 デズモンド・モリスの「裸のサル」
 原著 The Naked Ape Hardcover – 1967 by Desmond Morris は赤くないんだね。
 ここに「アクア説」のことがチラッと(否定的に)触れてあるそうです。
 (私は覚えてません。他の中身も全く!)

 アクア説の提唱者はアリスター・ハーディという学者で、エレイン・モーガンは学者ではなくてライターです。
 1960年に論文を発表したそうですが、思いついたのは1930年だったとのこと。
 発表を30年も躊躇して、やっぱり散々に言われちゃったらしい。

 アリスター・ハーディ 1896-1985
 エレイン・モーガン 1920 - 2013

 TEDの映像があります!
 エレイン・モーガン: 水界の類人猿から進化した人間(TED)

 「人は海辺で進化した」の続編2冊

 進化の傷あと―身体が語る人類の起源 – 1999/1
 The Scars of Evolution - Nov 17, 1994

 人類の起源論争―アクア説はなぜ異端なのか? – 1999/12
 The Aquatic Ape Hypothesis: Most Credible Theory of Human Evolution – July 17, 1997

を読もうと思います。(翻訳で!)

 読んだ人のブログ「アクア説・人類は海からやってきた。(古世界の住人)
のコメント↓

> この季節、一日に何回顔を洗えばいいんだか。。
> 水棲だったら、この油の出方、丁度良いと思います。

が面白かった。

 Wikiはコレ

| | コメント (0)

2016-04-07

ジャジャジャジャーンはピピピピーだった!

 ららら♪クラシック 2016/04/02(土)の録画を見て、衝撃を受けています。
 先週の土曜日「らららクエスチョン」スペシャル!の回です。

----------------------------------------------------------
Q:
 ベートーベン「運命」の冒頭の音は
 「運命が扉を叩く音」
と聞きましたが、本当ですか?

A:
 実は「運命」というタイトルはベートーベンが付けたものではなく、ベートーベンが冒頭の4つの音について『このように運命は扉をたたく』と発言した、というエピソードが由来です。
 しかし、このエピソードを広めたシンドラーという人物は、後の研究で誇張やねつ造が多いことがわかり、エピソードの信憑性も疑われています。
----------------------------------------------------------


 そうそう。それは知ってた。
 でも、私の知ってたのは、ここまででした。
 次が驚き。


----------------------------------------------------------
A続き:
 ベートーベンの弟子でありピアノの練習曲を数多く残した作曲家ツェルニーは、ベートーベンから「あの冒頭の音はキアオジという鳥の鳴き声だ」と聞いた、と証言していました。
 確かにキアオジの鳴き声を聞いてみると、ピピピピピーと最後の音だけが伸びるようすは、まるで「第5番」の冒頭のよう。
----------------------------------------------------------

 キアオジの声

 ええっ!鳥なの?!
 でも似てる。最後の伸びるピーで、音が下がるところも。
 ツェルニーって、ウソorホラor話を盛る人、には思えない作風だし。

 キアオジの声、弦合奏っぽいと思いました。
 ピーの前のピピピが多いけど、2nd-Va-1stと次々に弾くからピピピは増えるし、鳥って群れるし。
 1楽章の最後なんか、鳥だらけ!だったのかあ~


----------------------------------------------------------
A続き:
 また、「運命」の冒頭は、弦楽器の他にクラリネットも演奏されています。
 木管楽器は鳥の鳴き声をあらわすケースが多く、第5番と同じ時期に書かれた「田園」でも、三羽の鳥が木管楽器で描写されています。
 この頃ベートーベンは、鳥の鳴き声を音楽表現に多用していました。
----------------------------------------------------------

 クラ重ねの謎、解けちゃうし。
 鳥ですよ、のメッセージだったのかあ。

 「ベートーヴェンの自筆譜には、フルートを書いて消した跡がある!」
 とも、番組では紹介してました。

 wikiに、その自筆譜が。

 うわ~ほんとだ~
 フルートは、もろ鳥じゃん、クラだと微妙だけど。
 でもフルート入れたら、キアオジの声じゃなくなると思う。
 ショックだったけど、もろもろ腑に落ちましたです。

| | コメント (1)

«完全燃焼